タンガロイロゴ
タンガロイ野球部

天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会福島県大会 結果報告(第二日)

2022年7月4日 8:00 AM

2022年7月3日(土)、天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会福島県大会二日目、昨日同様いわき市の南部スタジアムで、準決勝、決勝が行われました。
タンガロイ野球部は準決勝で郡山信用金庫(県中)と対戦し、9-1の7回コールドゲームで勝利しました。
続いて行われた決勝では先日の福島県総体で敗れた相双リテック(いわき)と対戦、序盤で先制を許し、その後もなかなか流れがこちらに来ない展開の中、7回に見事逆転、そのまま逃げ切り2-1で勝利、二年連続の優勝となりました。
この優勝で、2022年9月16日から開幕する天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメントに福島県代表として出場することが決まりました。
土曜日、日曜日共に猛暑の中、多くの方々が球場に足をお運びいただき、沢山の声援をいただきました。本当にありがとうございました。

▼試合の結果はこちらからご覧下さい。
(準決勝)
(決勝)

▼試合経過
【準決勝】
(一回裏)
1番 西山:セカンドへの内野安打で出塁
2番 磯邉:ライト前ヒットで出塁、無死一、二塁
3番 芳賀:送りバント成功、一死二、三塁
しかし、後続が倒れ得点ならず

(二回表)
ヒットとエラーで無死満塁のピンチを迎えるものの、先発大和田が踏ん張り、無失点に抑える

(三回裏)
1番 西山:ライト前ヒットで出塁、二盗成功で無死二塁
2番 磯邉:死球で出塁、無死一、二塁
3番 芳賀:送りバント成功、一死二、三塁
4番 遠藤:エンドランで打球がセンターに抜け、二者生還2-0と先制

(四回裏)
7番 池亀:レフトオーバーの特大ホームランを放ち、3-0
9番 磯貝:一死後、エラーで出塁、一死一塁
1番 西山:四球で出塁、一死一、二塁
2番 磯邉:ライトオーバーの二塁打を放ち、二塁ランナーが生還、4-0、なお一死二、三塁
3番 芳賀:エンドラン成功、5-0

(五回表)
8番:ライトオーバーの三塁打
1番:一死後、四球を許し一死一、三塁
2番:ワイルドピッチで三塁ランナーが生還、5-1

(五回裏)
5番 吉田(洸):センターへの当たりで一気に二塁まで進む
6番 吉田(修):センター前ヒットで二塁ランナーが生還、6-1
7番 池亀:レフト前ヒットで無死一、二塁
8番 代打船山:ピッチャーゴロでランナーがそれぞれ進塁、一死二、三塁
9番 磯貝:センター前ヒットで二者生還、8-1

(六回裏)
2番 磯邉:センターへのヒットで二塁まで進む、三盗成功
4番 遠藤:一死からレフトへの犠牲フライで三塁ランナーが生還、9-1

投げては先発大和田が相手打線を4安打1失点に抑え、後をつないだ石井もノーヒットの好リリーフ

【決勝】
(七回表)
2番 磯邉:ピッチャーへの強襲ヒットで出塁
3番 芳賀:送りバント成功、一死二塁
4番 遠藤:四球で出塁、一死一、二塁
6番 吉田(修):二死後死球で出塁、二死満塁
7番 池亀:ライト前ヒットで二者生還、2-1と逆転

先発久保田が粘りのピッチングで要所を締め、大和田、柏村の継投で逃げ切った

粘り強いピッチングで相手打線を抑えた最強投手陣
本大会大活躍の池亀外野手
(一回戦、準決勝での2試合連続HR、決勝では逆転タイムリー打)

天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会福島県大会 結果報告(第一日)

2022年7月2日 12:01 PM

2022年7月2日(土)、天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会福島県大会がいわき市の南部スタジアムで開幕しました。
タンガロイ野球部は一回戦で東邦銀行(県北)と対戦し、3-1で勝利、明日行われる準決勝にコマを進めました。

▼試合の結果はこちらからご覧下さい。
(一回戦)

▼試合経過
(一回表)
2番 磯邉:一死からセンターオーバーのエンタイトルツーベースを放ち、一死二塁
3番 吉田(洸):右中間を破る当たりで二塁ランナーが生還、1-0と先制、バッターランナーも三塁に進む
しかし、後続が倒れ追加点ならず
(二回表)
6番 芳賀:センター前ヒットで出塁
7番 池亀:左中間最深部に飛び込むホームランを放ち3-1とリードを広げる
(三回表)
2番 磯邉:ファーストのエラーで出塁
3番 吉田(洸):送りバントを決めるも、セカンドフォースアウト、一死一塁
4番 遠藤:ライトフライで二死一塁
吉田(洸)が二盗成功で二死二塁
5番 吉田(修):ライトフライ
(五回表)
1番 西山:一死からセカンドへの内野安打で出塁、一死一塁、その後二盗成功で一死二塁
2番 磯邉:三振
3番 吉田(洸):四球で出塁、二死一、二塁
4番 遠藤:ファーストフライ
(八回表)
2番 磯邉:ライトオーバーのエンタイトルツーベースを放ち、無死二塁
3番 吉田(洸):送りバントを成功させ一死三塁
4番 遠藤:四球で出塁、一死一、三塁
5番 吉田(修):ピッチャーゴロで三塁ランナーが本塁憤死で得点ならず、二死一、二塁
6番 芳賀:ショートゴロ

先発芳賀は相手打線を散発三安打一失点に抑える好投

試合終了後、スタンドに向かって挨拶をする選手、スタッフ

天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会福島県大会の組み合わせが決まりました

2022年6月28日 8:00 AM

「天皇賜杯第77回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント福島県大会」が2022年7月2日(土)、3日(日)いわき市南部スタジアムで開催されます。組み合わせは下記の通り決まりました。

タンガロイ野球部は一回戦で東邦銀行(県北)と対戦予定です。初戦から厳しい試合が予想されますが、福島県総体のリベンジ、必ず優勝して全国大会への出場権を獲得できるようスタッフ、選手一丸となって戦います。応援、宜しくお願い致します。